にきびケアの正しい洗顔方法

にきびケアにとって洗顔は大事なものですが、具体的に正しい洗顔方法とはどのようなものなのでしょうか。けれども、洗顔を繰り返しやっていればにきびがなくなるという話では決してありません。適切な洗顔頻度は1日に2、3回です。にきびを改善するために洗顔をする場合は、肌に負担をかけないことが最重要です。洗顔時には、洗顔料を直接肌につけるのではなくて、まずはぬるま湯で軽く洗います。ぬるま湯を使って予洗いをすることで、大きなほこりや油分は落とせます。その次に、洗顔料を手のひらで十分に泡立てます。きれいな泡ができないという人は、市販の泡立てネットを使いましょう。泡でやさしく洗顔を行いましょう。泡を使って頬、鼻、こめかみといって皮脂の多い部分をマッサージします。強くこすると皮膚が痛んでしまいますので、そっと洗ってください。あごや首筋もにきびができますので、忘れずに洗います。洗顔後はぬるま湯でしっかりとすすぎ、泡残りがないように注意をします。乾いたタオルで顔を押さえるようにして、水分をタオルに吸わせます。タオルで顔をこすらないように注意をしましょう。適切な洗顔をするためには、タオルや手で顔を摩擦しないようにすることです。1日も早くにきびのない皮膚になるためにも、適切な洗顔方法でスキンケアを行いましょう。http://www.persiandatanetwork.com/